スイーツレシピ

ケーキやクッキー・ドーナツなどお菓子の人気レシピを色々まとめています。つくれぽ件数順に並べているので、参考にしてください。

キャラメル 低糖質 レシピ

ここではクックパッドに登録されているレシピのうち、キャラメルの低糖質レシピをまとめています。

クックパッドのつくれぽ件数が多くて注目のレシピだけをまとめているので、

「いつもと違うキャラメルを作ってみたい」
「キャラメルの美味しいレシピを知りたい」

という方は、ぜひ参考にしてください。

ダイエットに最適!キャラメルの低糖質人気レシピ12選をチェック!

≪つくれぽ:63件≫ 低糖質塩キャラメルくるみ



材料(2~4人分)をタップで開くくるみ:150㌘
ラカントS:40㌘
水:小さじ1
バター:20㌘
塩(好みで調整):小さじ1/2

≪つくれぽ:20件≫ 甘味料キャラメル糖質制限カスタードプリン



材料(カップ1杯分)をタップで開く■プリン液牛乳(後日他のミルクやってみます):150㏄
全卵:1個
ラカント液状(またはラカントS):大さじ1/2~1
↑低糖質にしない場合は:グラニュー糖など■カラメルソース
タガトース:大さじ1
https://iherb.co/xjmge9V:通販で購入)
↑これも普通の砂糖なら:カラメルになります
水:小さじ半分
2回目の水:小さじ半分
バニラエッセンス:適量

≪つくれぽ:7件≫ 低糖生活♪くるみのカリカリおやつ♪



材料をタップで開くくるみ:200g
エリスリトール:60g
水:小さじ2
塩:ひとつまみ

≪つくれぽ:4件≫ 低糖質*豆乳で作る*白い生キャラメル風



材料(16個分)をタップで開く無調整豆乳:200g[糖質1.6g/129kcal]
エリスリトール顆粒(甘味料):25g[糖質-g/0kcal]
エリスリトール液体(甘味料):25g[糖質-g/0kcal]
無塩バター:20g[糖質0.04g/150kcal]
バニラオイル(好みのフレーバー):5~6滴■全体およそ:糖質1.64g/279kcal■1個あたりおよそ:糖質0.1g/17.4kcal

≪つくれぽ:3件≫ 糖質制限◆簡単キャラメルレアチーズケーキ



材料(15cm型)をタップで開く■ボトムクッキー:100g
溶かしバター:40g■レアチーズケーキ
クリームチーズ:200g
甘味料:砂糖の甘さに換算して40g
豆乳or生クリーム:100g
ウォルデンファームスキャラメルシロップ:50g
レモン汁:大さじ2
★粉ゼラチン:5g
★水:大さじ2〜3

≪つくれぽ:3件≫ 糖質制限★キャラメルと胡桃のスコーン



材料(6個分(全量糖質21.85))をタップで開く鳥越製粉低糖質ホットケーキミックス:100g(10.5)
大豆粉(マルサンのまろやかな大豆粉):50g(3.4)
グルテンパウダー(フードカルチャーおおくら):50g(4.9)
ベーキングパウダー:5g(1.45)
シュガーカットゼロ:10~20g
塩:ひとつまみ
無塩バター:40g(0.1)
卵(M):1個
キャラメルシロップ(ウォルデンファームス):20g
水:10g
胡桃:30g(1.5)

≪つくれぽ:3件≫ ローカロリー!手作り豆乳フラペチーノ



材料(300mlグラス2杯分)をタップで開く氷:250g
カロリーオフ豆乳:150cc
純ココア:大さじ2
コーヒー粉:大さじ1
パルスイート:大さじ2弱■トッピング
ホイップクリーム:適量
キャラメルソース又は純ココア:適量

≪つくれぽ:1件≫ 電子レンジで作る低糖質な生おからケーキ



材料(12cm)をタップで開く■【生おからケーキ】★豆乳:20g
★スライスチーズ:1枚
卵:2個
豆乳:30g
米油:10g
酢:小さじ1
バニラオイル:4滴
シュガーカット0【砂糖の場合】:13g【35g】
生おから:80g
ベーキングパウダー:小さじ1■【生クリームと飾り】
生クリーム:50g
シュガーカット0【砂糖の場合】:2g【5g】
キャラメルシロップ(あれば):5g
スライスアーモンド(あれば):5g

≪つくれぽ:1件≫ おからの低糖質♡プチパンケーキタワー♡



材料(1人分(直径6センチのプチパンケーキ3枚分))をタップで開く●生おから:50g
●ベーキングパウダー:小さじ1/2(2g)
サイリウム:小さじ3/4(3g)
○ヨーグルト:50g
○卵:1個
○パルスイート(砂糖):大さじ1(大さじ3)
○ポッカレモン:小さじ1
豆腐クリーム(ID4283448):1人分
バナナ:1本
市販のキャラメルシロップ:お好きな量♡

≪つくれぽ:1件≫ 究極の低糖質おから蒸しパン



材料(1回分)をタップで開くおからパウダー:15g
水:50ml
卵:1個
ベーキングパウダー:3g
オオバコ(サイリウム):3g
オート麦繊維:3g
キャラメルソース:20g
ナッツ類:お好みで

≪つくれぽ:1件≫ ロカボなのに濃厚なソイアイス(低カロ)



材料(4人ぶん)をタップで開く絹豆腐:150g
無調整牛乳:220cc
卵:1個
砂糖or(パルスイート):80g(パルスイートの場合は40g)
バニラビーンズ:半分

≪つくれぽ:1件≫ 糖質制限◆ベリーのベイクドチーズケーキ



材料(15センチ丸型)をタップで開く■★ボトムクッキー:100g
溶かしバター:40g■★チーズケーキ
クリームチーズ:200g
甘味料:20g
ウォルデンファームスブルーベリーシロップ:40g
卵:1個
生クリームor豆乳:50cc
レモン汁:10cc

お菓子作りに関する豆知識5つ

最後に、色んな人から聞いたお菓子作りのコツ・豆知識をまとめておきます。

もしかしたら参考になるのがあるかも知れないので、良かったらご覧ください。

お菓子作り全般において、小麦粉など加える時に数回に分けて入れると良いとされていますが、書かれている回数の倍に分けて混ぜていくと重たくならず綺麗に混ぜられます。

クッキーやホットケーキのようにどうしても重たくなりがちなものは、必要以上に分けて混ぜれば疲労を感じにくく楽しく混ぜられます。

生クリームが余ってしまったとき、ジップロックに入れて平らにしてから冷凍すると便利です。

平らにしておけばパキッと折ってそのままコーヒーに入れてウィンナーコーヒーなどが楽しめるし、ミキサーでフルーツなどと一緒に入れてスムージーもできます。




卵白が余った時は、冷凍しておくことができます。

ジップロックなどに入れて平らにして冷蔵庫に入れておきます。

あと、ラングドシャは冷凍卵白で作ると綺麗に出来ます。

チョコレートを溶かす時は、出来るだけ細かく刻み、必ず湯煎します。

よく「適当に小さく折って、電子レンジでチン」とありますが、絶対に上手く行きません。

手で折っただけではどうしてもダマになるし、電子レンジもメーカーごとに違いがあるしその日の気温によってもムラが生じます。

何にせよチョコレートのお菓子づくりはテンパリングが命なので、この段階から手抜きすると失敗する確率が格段に上がるので、注意が必要です。

フルーツサンドをつくるとき、完成してからラップで密閉して一度冷蔵庫で寝かせます。

数時間後に食べることによって、パンと生クリームが馴染んでしっとり美味しくなります。

スコーンを作るときは、小麦粉、砂糖、バター、牛乳等の材料を直前まで冷蔵庫に入れておきます。

そのほうがこねるときに扱いやすいです。

あと暑い時期に作るとこねる作業中に温度が上がってきてベタつくことがあるので、そうなったときは整形前に30分ほど冷蔵庫に入れると扱いやすくなります。