スイーツレシピ

ケーキやクッキー・ドーナツなどお菓子の人気レシピを色々まとめています。つくれぽ件数順に並べているので、参考にしてください。

かきな レシピ

ここでは、クックパッドで「かきな レシピ」と調べたときに出てきたレシピを紹介しています。

クックパッドで人気のレシピを作りたい」
「美味しいレシピを知りたい」

という方は、ぜひ参考にしてください。

「かきな レシピ」で出てきた人気レシピ10選

≪つくれぽ:142件≫ ☆かき菜のナムル☆



材料をタップで開くかき菜:一把
●ごま油:大さじ1と1/2
●ごま:大さじ1
●しょうゆ:大さじ1/2
●鶏がらスープのもと:小さじ1/2
●塩:ひとつまみ
(お好みですりおろしにんにく:少々)

≪つくれぽ:9件≫ のらぼう菜の大雑把サラダ



材料(2~4人分)をタップで開くのらぼう菜:1束
マヨネーズ:適量
しょうゆ:適量(小さじ1杯程度)
七味唐辛子:お好みで

≪つくれぽ:7件≫ 鍋つゆの素を使わない!濃厚キムチ鍋



材料(4~5人分)をタップで開く豚バラ肉(スライス):300g
キムチ(瓶詰めのもの、牛□キムチとか):200g
ニンニク:1房(丸ごと1個)
ネギ:1本
油揚げ:2枚
木綿豆腐:1丁
ごま油:大さじ2
水:1リットル■<調味料>
中華あじの素:大さじ1と1/2
しょう油:大さじ1と1/2
みりん:大さじ3

≪つくれぽ:4件≫ かき菜と豚肉のさっぱり炒め



材料(2人分)をタップで開く豚肉(今回は豚こま):250g
かき菜:1/2袋■<あわせ調味料>
砂糖:大さじ1
醤油:大さじ1
酢:大さじ1
酒:大さじ1/2
みりん:大さじ1/2

≪つくれぽ:3件≫ かき菜としおきのこのあえ物



材料をタップで開くかき菜:1つかみ
しおきのこレシピID:1385063:適量

≪つくれぽ:2件≫ かき菜ともやしの黒ごま和え



材料をタップで開くもやし:1袋
かき菜:1袋
下味)しょうゆ:大2
すりごま(黒):大3
和風だし(顆粒):大1/2
かつお節:1袋(2〜3g)
海苔:全形1枚

≪つくれぽ:2件≫ ささっと1品☆かき菜の醤油麹あえ



材料(2人分)をタップで開くかき菜をゆでたもの:200CCの計量カップ1杯分
醤油麹:小さじ1~2
ごま油:小さじ1
白いりごま:大さじ1
七味唐辛子:適量

≪つくれぽ:2件≫ 小松菜とザーサイのナムル



材料をタップで開く小松菜:適宜
ザーサイ:適宜
★醤油:2
★ごま油:2
★酢:1
★しょうがのみじん切り:適宜
★いりごま:適宜
★ラー油:適宜

≪つくれぽ:1件≫ かき菜と人参と豚肉の黒酢生姜焼き



材料(3〜4人分)をタップで開く豚ローススライス:100g程
かき菜:1〜2わ
人参:中1/3本
黒酢生姜レシピ(ID4634927):大さじ1半程の
☆おろしにんにく:1片分
☆酒:大さじ1半程
☆しょうゆ:大さじ1半程
片栗粉:大さじ3程
ごま油:ひとまわし程
★酒:大さじ1程
★しょうゆ:大さじ2/3程
★本みりん:大さじ2程

≪つくれぽ:1件≫ 塩麹豚&かき菜のパスタ(菜の花でも)



材料(2人分)をタップで開くかき菜:2/3束
豚バラ肉:80〜100g
塩麹:小1
オリーブオイル:大1
にんにく(ミジン切りorスライス):1/2片
パスタ:180〜200g
塩:適宜
柚子こしょう:適宜

お菓子作りに関する豆知識5つ

最後に、色んな人から聞いたお菓子作りのコツ・豆知識をまとめておきます。

もしかしたら参考になるのがあるかも知れないので、良かったらご覧ください。

チョコレートを溶かす時は、出来るだけ細かく刻み、必ず湯煎します。

よく「適当に小さく折って、電子レンジでチン」とありますが、絶対に上手く行きません。

手で折っただけではどうしてもダマになるし、電子レンジもメーカーごとに違いがあるしその日の気温によってもムラが生じます。

何にせよチョコレートのお菓子づくりはテンパリングが命なので、この段階から手抜きすると失敗する確率が格段に上がるので、注意が必要です。

お菓子作りは細かい計量が求められるので、絶対に電子計量器を使う方が良いです。

普通の計量器だと誤差が出てしまいますが、電子計量器にしてからは失敗が少なくなります。

メレンゲをつくるとき、冷やしておかないと失敗することが多いです。

でも時間がないのに冷えていないという時は、ボウルに氷と塩と水を少し入れ、別のボウルに卵白を入れてそれを氷水の入ったボウルに当てながらやると上手くできます。

スポンジを綺麗に焼きたいには、卵を湯煎をし続けるのではなく、砂糖が溶けたときに湯煎をやめて泡立て続けます。

ただ夏場の室温が高い場合は、湯煎なしでも綺麗にできます。

メレンゲを早く泡立てるには、冷凍庫に入れて冷たく冷やしておくと早く泡立ちます。

凍ったまま泡立てることができるし、塩をひとつまみ入れて泡立てる方法もあるので試してみてください。