スイーツレシピ

ケーキやクッキー・ドーナツなどお菓子の人気レシピを色々まとめています。つくれぽ件数順に並べているので、参考にしてください。

七夕 お菓子 レシピ

ここでは、クックパッドで「七夕 お菓子 レシピ」と調べたときに出てきたレシピを紹介しています。

クックパッドで人気のレシピを作りたい」
「美味しいレシピを知りたい」

という方は、ぜひ参考にしてください。

「七夕 お菓子 レシピ」で出てきた人気レシピ9選

≪つくれぽ:207件≫ 簡単☆七夕ゼリー



材料をタップで開くサイダー:270g
砂糖:大2
お湯:大2
ゼラチン:5g
白桃:適量
黄桃:適量
かき氷シロップ(ブルーハワイ):適量

≪つくれぽ:16件≫ 【簡単七夕スイーツ】かき氷シロップゼリー



材料(2個分)をタップで開く炭酸水:100㏄
かき氷のシロップ(青):大さじ1.5
牛乳:100㏄
カルピス(原液):大さじ1.5
熱湯:50㏄
ゼラチンパウダー:5g
黄桃(缶詰):1/2コ
ナタデココ:あれば適量

≪つくれぽ:12件≫ 七夕におすすめ☆天の川のクリーム杏仁豆腐



材料(デザートグラス4個分)をタップで開く■クリーム杏仁杏仁豆腐ミックス(4個分のもの):1箱
牛乳:120ml~150ml
生クリーム:100ml
水:50ml■デコ用ゼリー
粉ゼラチン:5g
砂糖:20g
水:200ml
レモン汁:大さじ1
モナンシロップブルー(かき氷シロップでも可):適量
食用色素(青・赤):少量
アラザン(小袋):1袋
熱湯:大さじ1程度
あればミントの葉:適量

≪つくれぽ:2件≫ 七夕ゼリー



材料(140mlカップ4個分)をタップで開く飾り用のフルーツ、アラザン:適量■ミルクゼリー
ゼラチン:4g
水:15g
牛乳:120ml
砂糖:大さじ1■かき氷シロップゼリー
ゼラチン:8g
水:30g
かき氷シロップ(青):140ml
水:220ml

≪つくれぽ:2件≫ 七夕のお菓子☆索餅 改良版



材料(16本分)をタップで開く白玉粉:100g
ホットケーキミックス:100g
牛乳:90ml
強力粉:20g
卵(M):1個
揚げ油(サラダ油):適量
粉砂糖:適量

≪つくれぽ:1件≫ 七夕にも!サイダーゼリー



材料(2人分)をタップで開くゼラチン:1袋(5g)
サイダー:200cc
お湯:50cc
缶詰:お好みで
かき氷シロップ(青):大2

≪つくれぽ:1件≫ 索餅(さくべい)七夕のお菓子(^^)



材料をタップで開く白玉粉:100g
小麦粉:400g
卵:2個
砂糖:100g
牛乳:130〜150g
トレハ:中さじ2
マーガリン:50g
ゴマ:50g

≪つくれぽ:1件≫ キラキラ★ケーキポップ 七夕・星祭にも



材料(直径約4cmの星型15~6個分)をタップで開くお好みのスポンジケーキ(市販OK):200g
クリームチーズ:70g
はちみつ:大さじ1
レモン汁:小さじ1
コーティング用レモンチョコ(またはホワイトチョコ※板チョコOK):130~150g
飾り用アラザン・カラーシュガー:適量

≪つくれぽ:1件≫ 簡単★塩レモンの爽やかゼリー



材料(6個分)をタップで開く水:600cc
砂糖:80g
ゼラチン:大さじ1と1/2
塩レモン:50g
黄桃(飾り用):適量

お菓子作りに関する豆知識5つ

最後に、色んな人から聞いたお菓子作りのコツ・豆知識をまとめておきます。

もしかしたら参考になるのがあるかも知れないので、良かったらご覧ください。

チョコレートを溶かす時は、出来るだけ細かく刻み、必ず湯煎します。

よく「適当に小さく折って、電子レンジでチン」とありますが、絶対に上手く行きません。

手で折っただけではどうしてもダマになるし、電子レンジもメーカーごとに違いがあるしその日の気温によってもムラが生じます。

何にせよチョコレートのお菓子づくりはテンパリングが命なので、この段階から手抜きすると失敗する確率が格段に上がるので、注意が必要です。

メレンゲをつくるとき、冷やしておかないと失敗することが多いです。

でも時間がないのに冷えていないという時は、ボウルに氷と塩と水を少し入れ、別のボウルに卵白を入れてそれを氷水の入ったボウルに当てながらやると上手くできます。

お菓子作りは細かい計量が求められるので、絶対に電子計量器を使う方が良いです。

普通の計量器だと誤差が出てしまいますが、電子計量器にしてからは失敗が少なくなります。

メレンゲを早く泡立てるには、冷凍庫に入れて冷たく冷やしておくと早く泡立ちます。

凍ったまま泡立てることができるし、塩をひとつまみ入れて泡立てる方法もあるので試してみてください。

プリンを作る時は必ず「こす」事が大事です。

こす事によって余分な部分が取り除かれ、ずっとなめらかになります。

あと見た目を綺麗に見せたいときは、容器に流し入れた後の気泡を潰します。

潰す方法はつまようじなどで大丈夫です。

気泡が残っていると蒸した後にポツポツとした見た目になってしまうので、見栄えが悪いし口触りもざらつきます。

地道な作業になりますが、必ず気泡を潰すことをおすすめします。