スイーツレシピ

ケーキやクッキー・ドーナツなどお菓子の人気レシピを色々まとめています。つくれぽ件数順に並べているので、参考にしてください。

みかん ゼリー レシピ 人気

ここでは、クックパッドで「みかん ゼリー レシピ 人気」と調べたときに出てきたレシピを紹介しています。

クックパッドで人気のレシピを作りたい」
「美味しいレシピを知りたい」

という方は、ぜひ参考にしてください。

「みかん ゼリー レシピ 人気」で出てきた人気レシピ16選

≪つくれぽ:899件≫ みかんの缶詰ゼリー



材料(2~4人分)をタップで開くみかん缶詰:内容総量425g1缶
粉ゼラチン(または森永クックゼラチン):小さじ2…7g(クックゼラチンなら1袋)
水(森永クックゼラチンの場合はお湯):大さじ3
砂糖:30g~40g

≪つくれぽ:241件≫ 簡単!つぶつぶみかんのゼリー



材料(4個分)をタップで開くみかん(大きめ):3~4個
粉ゼラチン:5g
砂糖:大さじ1~2(お好みで)
水:100cc

≪つくれぽ:46件≫ 子どもも大好き!みかんゼリー(*^^)v



材料(カップ4個分)をタップで開くオレンジジュース(100%):300㏄
みかんの缶詰(シロップは使いません):約1/2缶
粉ゼラチン:5g
水(ゼラチンをふやかす用):大さじ5
砂糖:10g

≪つくれぽ:41件≫ 簡単すぐ出来みかんゼリー★



材料をタップで開くみかん缶詰め:大一缶
ゼラチン:5g
お湯:50cc

≪つくれぽ:12件≫ ダイエットレシピ★粉寒天でみかんゼリー



材料をタップで開く粉寒天(寒天パウダー):小さじ2分の一(2g)
みかんの絞り汁:400ml(中ぐらいのみかん10個ぐらい)
水:200ml

≪つくれぽ:9件≫ 息子のみかんゼリー



材料(150ccプリン型6個分)をタップで開く100%オレンジジュース:450cc
砂糖:大さじ3
みかんの缶詰(汁を切って):中1缶
粉ゼラチン:5g(1袋)

≪つくれぽ:6件≫ レンジで簡単~♥寒天みかんゼリー♥



材料(15cmのリング型1個分)をタップで開くみかんの缶詰:1缶
100%オレンジジュース:350㏄
粉寒天:2g
粉ゼラチン:5g

≪つくれぽ:5件≫ 計量不要☆牛乳消費のみかんミルクゼリー



材料(大きな丼に一杯分)をタップで開く牛乳:1リットル
みかん缶詰:1缶
ゼラチン:20g
砂糖:大さじ8杯

≪つくれぽ:4件≫ 家事ヤロウ「まるごとみかんゼリー」



材料をタップで開くみかん缶詰:1缶
粉ゼラチン:5g

≪つくれぽ:3件≫ 覚書:果汁100%みかんゼリー(柔らかめ



材料(3人分)をタップで開くみかん:果汁にして約400mL
ラニュー糖:約20g(みかんにより変動)
粉ゼラチン:5g

≪つくれぽ:3件≫ みかんゼリー★酸っぱいミカン大量消費



材料をタップで開くみかん果汁(みかん6~8個程度):200~250cc
ハチミツ(or砂糖):大さじ1程お好みで 
〇粉ゼラチン:5g(一袋)
〇水:大さじ2

≪つくれぽ:2件≫ みかんの皮の器で ⁂ みかんゼリー



材料(2Lサイズの皮の器3個分)をタップで開くみかん果汁(2Lサイズ4個分):200cc
砂糖(お好みで調節):大さじ1
粉ゼラチン:1袋(5g)
お湯(80度以上):50cc

≪つくれぽ:2件≫ ヨーグルトとみかんの2層ゼリー



材料(小さい容器4つ分)をタップで開く■【ヨーグルトゼリー層】プレーンヨーグルト:200グラム
牛乳:200cc
砂糖:大さじ2~4
ぬるま湯:50cc
粉ゼラチン:5グラム■【みかんゼリー層】
大きめのみかん(缶詰でも可):2~3個
ぬるま湯:100cc
ゼラチン:2グラム

≪つくれぽ:2件≫ みかん入り牛乳寒天ゼリー



材料(6~7人分)をタップで開く水:400cc
粉寒天:4g
砂糖:大さじ2
牛乳:200cc
温室みかん:2個

≪つくれぽ:1件≫ 大容量の寒天ゼリー(みかん)



材料をタップで開く1.5L以上の耐熱容器:1
みかんの缶詰:高さ10㎝位の缶詰1缶
水(できれば浄水、):300㏄(耐熱容器へ)
粉寒天:8グラム
水:500㏄(お鍋へ)
砂糖:100g前後

≪つくれぽ:1件≫ アガーと三温糖のみかんいっぱいゼリー



材料(180ml容器6~10個分)をタップで開くアガー:10g
水:500cc
三温糖(砂糖):60g
フルーツ:好きなものを
レシピID:3652539のみかん:缶詰でも

お菓子作りに関する豆知識5つ

最後に、色んな人から聞いたお菓子作りのコツ・豆知識をまとめておきます。

もしかしたら参考になるのがあるかも知れないので、良かったらご覧ください。

クッキーやマカロンなど、同じ大きさで焼きたいのに型がない場合は、クッキングシートの裏に瓶やペットボトルの蓋など丸い底をあてながらボールペンで一周円をかきます。

ひっくり返して書いた円のサイズで絞れば、すべて同じ大きさで作ることができます。

プリンを作る時は必ず「こす」事が大事です。

こす事によって余分な部分が取り除かれ、ずっとなめらかになります。

あと見た目を綺麗に見せたいときは、容器に流し入れた後の気泡を潰します。

潰す方法はつまようじなどで大丈夫です。

気泡が残っていると蒸した後にポツポツとした見た目になってしまうので、見栄えが悪いし口触りもざらつきます。

地道な作業になりますが、必ず気泡を潰すことをおすすめします。

チョコレートを溶かす時は、出来るだけ細かく刻み、必ず湯煎します。

よく「適当に小さく折って、電子レンジでチン」とありますが、絶対に上手く行きません。

手で折っただけではどうしてもダマになるし、電子レンジもメーカーごとに違いがあるしその日の気温によってもムラが生じます。

何にせよチョコレートのお菓子づくりはテンパリングが命なので、この段階から手抜きすると失敗する確率が格段に上がるので、注意が必要です。

お菓子作りは細かい計量が求められるので、絶対に電子計量器を使う方が良いです。

普通の計量器だと誤差が出てしまいますが、電子計量器にしてからは失敗が少なくなります。

砂糖を使用しているレシピで、できる限りカロリーを抑えたいダイエッターの方は、代わりにはちみつを使用するのがオススメです。

ハチミツは、砂糖の3分の1ぐらいの量で同等の甘さになります。